RAS 潜在意識

潜在意識は、「自分にとって重要かどうか」しかみていません。

 

恋人探しが重要と思う人は「異性」を無意識でみています。
10億円稼げる人は「10億円のチャンス」を無意識でみています。

 

あなたにとって重要なものは絶えず変化しています。

 

潜在意識は「自分にとって重要なものしかみえない」ようにしています。

 

もっと生物学的にいうと「RASという脳の器官」が深くかかわっています。

 

 

RASは重要でないものは弾く

 

RASとは、五感から入ってくる情報を取捨選択する脳の器官です。

 

恋人が欲しい人が、「異性に無意識に目がいってしまい」他のものはあまり見ていません。

 

スマホのアプリの例でも同じです。

 

人間の目は、見ているようでほとんど見ていないのです。
耳も同じで聞こえているようでほとんど聞こえていません。

 

例えば、車の音や鳥の声などは、
大好きな人と会話をしているときには、
ほとんど聞こえていないのではないでしょうか。

 

だから、聞こえていないのです。

 

人間の脳には「RAS」という器官があります。

 

「自分にとって重要でない情報を弾く」のがRASの役割です。

 

人はそのときに自分にとって重要なものしか見えていないし、聞こえていないのです。

 

潜在意識を使う上で知っておかなければいけない重要な知識です。

 

例えば、歩いているときに足の裏の感触は常にあるハズです。
しかし多くの人は意識しないと、足の裏の感触がわかりません。

 

RASは、足の裏の感覚は今は重要ではない と判断したので意識になかったのです。

 

これも40代でよくあることです。

 

鏡をみると白髪がちらほらでてきた。

 

という方がいます。
今までRASは「白髪」を重要ではないと判断していましたが、
本人はそうとう気になりました。

 

そこでRASは「白髪」を弾かなくなりインプットします。

 

今まで目に付かなかった他人の白髪や、
白髪染め、白髪を無くす方法など情報が目に入ってくるのです。

 

今までも白髪の人は目にはいっているハズですが、
RASが弾いていたのです。

 

脳の意識まで「白髪」は上がりませんでした。

 

>>RASの動きを止める歩行禅とは

 

>>なぜ、人間の脳は3%しか使われていないのか