脳 RAS

お金持ちになりたい。潜在意識を活用して・・どうしても・・

 

多くの自己啓発セミナーや願望実現セミナーで
脳(潜在意識)に目標を覚えこませる方法でメジャーなのが、
目標を紙くことです。

 

しかし、いくら紙に書いても多くの人は、目標を忘れてしまいます。

 

なぜ、目標を紙に書いたり、トイレに貼ったりしても実現しないのでしょうか。

 

あなたの頭で、「お金持ちになりたい、年収10億円になりたい」
と思っていても、“あなたの潜在意識”は重要とは思っていないからです。

 

ポイントは“潜在意識”が重要と思っているか、思っていないかということです。

 

あなたが今、“意識的に重要”と思っているかではなく、
“潜在意識が重要”と思っているかどうか・・。

 

もちろん、意識的には「10億円稼ぎたい」と多くの人が考えています。
実は、“潜在意識”は10億円稼ぐことこを重要と思っていないかもしれないところに差がでます。

 

ニーズは常に変化しています。

 

意識的に年収10億円と思っていても、瞬間的であって、
潜在意識にはインプットされていないのです。

 

だから、次の瞬間には別のことが重要となります。

 

友達との約束だったり、今晩は何を食べようか、
きれいな女性が目の前にチラホラ・・

 

など別の重要なことになってしまうのです。

 

だから、意識の上で重要と思っていても、重要なものは絶えず変化しています。

 

だから、年収10億円はLASという網様体賦活系のフィルターにはじかれてしまうのです。

 

どうしたら、10億円稼ぐことを重要と思えるのか

 

LASにはフィルタリング機能があります。
自分にとって重要なものしか認識できないのです。

 

ここでLASの機能を逆に使います。

 

どうしたら、年収10億円稼ぐことを重要とLASに思わせることができるのでしょうか。

 

これがひとつの肝になります。

 

潜在意識に年収10億円が重要と思わせるには、
いくつかテクニックが存在します。

 

潜在意識は、自分にとって重要なものしか受け入れません。

 

呼吸を止めよう!と意識的に思っても、
LASははじいてしまい、潜在意識に届かないのです。

 

生きることが重要と潜在意識にインプットされているのです。

 

しかし、インドの修行者であるヨギの中には、
呼吸を止めることができる人もいます。

 

これは潜在意識に呼吸は重要ではないとインプットしているからです。
人間の可能性を感じます。

 

私たちはヨギの修行をしているわけではありません。
だから、潜在意識をコントロールすることは簡単ではありません。

 

ヨギの修行をしたこともない私たちができる簡単な方法があります。

 

それはセルフイメージを変えることです。

 

>>セルフイメージを変えるには