潜在意識 呼吸法

まわりはどんどん結婚して子供もできている・・

 

例えば、40代で結婚相手を探したいと強く思っている男性がいます。

 

自分もなんとかしたい・・
誰かいい人に出会えないか・・

 

意識的な深刻な悩みです。

 

しかし、潜在意識的にはどうインプットされているのでしょうか。

 

結婚したら、家のローンを組まなければならない。

子供の教育費を稼ぎ続けなければならない。

だから、本音では経済的な理由で結婚は本当はしたくない・・

 

以上の経済的なことが潜在意識に刷り込まれていて、
結婚=稼ぎ続けなければならない=ムリという観念が出来上がってしまっています。

 

 

実際には、年収が低くても幸せな家庭を持っている人も多くいますし、結婚してから、稼ぎが上がる男性も多くいます。

 

 

どうしたら、よいパートナーと出会うことができるのでしょうか。
LASに結婚パートナーが重要であると認識させることができるのでしょうか。

 

そのひとつのテクニックに呼吸法があります。

 

呼吸を意識的に止めるのです。

 

だんだん苦しくなってきて、「もう死ぬ・・」と思った瞬間に「私は結婚する!」とインプットするのです!

 

「死ぬ・・」という瞬間は、一生稼ぎ続けなければならない=結婚はお金がかかる

 

ということはどうでもよくなります!

 

そんなことは潜在意識はどうでもよくなるのです!
呼吸ができなのだから・・。意識は生きることに集中しはじめます!
あえて呼吸ができない状態を作り出し、「生きること=結婚すること」という観念をすりこむのです!

 

火事場のバカ力の原理と同じです。

 

死ぬ瞬間は、生きることが重要なのでLASのブロックが外れます。

 

しかし、わざわざ死ななくてもRASのブロックを解除する方法はあります。

 

瞑想で潜在意識をコントロールする
ヨガ・気孔で潜在意識をコントロールする
共感覚を使って潜在意識をコントロールする
催眠術や洗脳で潜在意識をコントロールする

 

古今東西、太古の昔から人間がやってきたことです。

 

目の前にあることは見ているようでみていません。
今の自分にとって重要であることしか見えないようにLASがはじいてしまうからです。

 

頭ではすべてみていると感じていますが、
本当は何もみていない人がほとんどです。
なぜなら、潜在意識で重要と思っていることは人によって違うからです。

 

普通に歩いているときに足の感覚を覚えている人はいません。
LASにとって歩いているときに足の感覚は重要ではないと判断してはじいているからです。

 

なぜ、多くの人がお金持ちになれないのでしょうか。
潜在意識が重要だと思っていないからLASにはじかれてしまうのです。
また、潜在意識は保守的なので新しいことは受け入れにくい特徴があります。

 

セルフイメージを変えるのがひとつの方法です。
楽しみながら遊びで「ふさわしい自分」の振りをするのです。

 

本当は本を読んだり、高額な自己啓発のセミナーに参加する必要もありません。
知識を詰め込む必要もありません。

 

「ふさわしい自分」のフリをすることです。

 

また、寝起きの“アルファー波”状態のときに「ふさわしい自分」を言葉にして出す、イメージする。

 

歩行禅により意図的に変性意識状態=リラックスを作り出し
ふ〜っと「なりたい自分」をイメージする、言葉に出すなどのテクニックもあります。

 

真剣に遊びながら「なりたい自分」のフリをすれば
遅くても2週間〜3週間の間で、絶対に変化が訪れます。

 

それは小さな変化かもしれませんが、今まで見えなかった情報がみえてきます。

 

「あっ、こういうことか!」という感覚を一度味わってもらえば
潜在意識が変り始めている瞬間です。

 

小さい変化を見逃さないように!!楽しみながらフリをしつづけてみましょう!!