宝くじ 破算

潜在意識の情報を書き換えることなしに
ある日突然、1億円が宝くじで当たった人がいます。

 

しかし、統計的に9割の人が自己破産するというデータがありました。

 

もともと貯金がが20万円しかない人には「1億円は危険である」と潜在意識が許してくれません。おかしいと勝手に判断します。

 

だから貯金20万円の生活をしていた現状に戻そうとする守備本能が実行されるのです。

 

一方、年収1億円の人が宝くじに当たったったら、どうなるのでしょうか

 

自分にとって1億円が入るのは呼吸をするのといっしょである
というイメージが刻み込まれていれば、おしらく自己破産はしないでしょう。

 

潜在意識の元に戻そうとする力はものすごいものがあります。
プラスに出た分、マイナスに行こうとする力です。

 

大ヒットした芸能人でも3年たったら消えていった。

起業して3年で5割の会社が消える

ベストセラー作家になったが、3冊で終わった

 

よく効く話です。
これらは「セルフイメージを新しい自分に変えてこなかったため、息をするくらいに・・」に起こったことです。

 

潜在意識の守備本能はものすごいものがあります。

 

潜在意識のセルフイメージを変えないとビギナーズラックになり、
「これは自分ではない」というプラスとマイナスの収支を合わせる力が働きます。

 

>>成功する人、しない人の差は潜在意識の差。メカニズムを知ろう