感情の開放

感情と気持ちと思考。

 

この3つには違いがある。

 

感情とは、気持ちと思考が合体したもの。

 

気持ちはカラダの中をかけまわり、
思考は頭脳の中をかけめぐります。

 

気持ちも思考もエネルギーです。

 

満月をみるとどんな気持ちがしますか。

 

平和な気持ちだったり、宇宙の神秘を感じたりする。

 

こんな状態の思考はどうなっているのだろう。

 

肯定的思考が自由にカラダの中を駆け回る。

 

一方、満月にに否定的なレッテルを貼ってしまったらどうなるだろうか。

 

例えば、満月は怖いという思考を張ってしまった場合は
否定的思考のレッテル貼りになってしまいます。

 

満月が気持ちが悪いなど。

 

レッテルには否定的なものから、肯定的なものもあります

 

つまり、気持ちを○○だ。
と定義したり、解釈するのはどれもレッテル貼りです。

 

気持ちにレッテル貼り(思考)をしてしまうとどうなるのでしょうか。

 

気持ちが自由に流れなくなり、エネルギーも流れなくなる。

 

たとえそれが肯定的なレッテルであっても。

 

レッテルを貼らなくなれば、
どんな気持ちもありのままに感じて楽しむことができるのです。

 

すごいと思いませんか。

 

いい悪いの判断をしななければ、エネルギーがカラダの中を自由にながれます。

 

つまり自然な状態です。

 

その結果、自分にエネルギーが取り戻せて、ココロの平安や喜びも戻ってくるのです!